宝石のような輝き!ジュエリーアイス

What is Jewelry Ice?

ジュエリーアイスとは、十勝川河口の海岸で見られる氷のことです。河口付近で凍った厚い氷が、一度海に出て打ち上げられることで、神秘的な形に変化します。無数に打ち上げられた透明度が高い氷の美しさに驚かされます。氷の大きさは手のひらに乗るものから、持ち上げられないほど大きなものまでさまざまです。
特に朝日や夕日を受けて光り輝く姿はまるで宝石のよう。ジュエリーアイスを撮影するために、全国から写真家が訪れるほどフォトジェニックな光景です。
アジアでは唯一、ここでしか見ることができません。

BEST SEASON

1月中旬から2月

What to Prepare?

ジュエリーアイスが見られるのは特定の海岸付近です。海風が吹き付け、通常よりも寒さを感じるので防寒着をしっかりと着用してください。特に美しいといわれる早朝や夕刻は冷え込みますので、日中より一枚多い服装を心がけるとよいでしょう。カイロもあると安心です。
ジュエリーアイスを実際に手に取って楽しみたい方には、手袋の装着がおすすめ。毛糸の手袋だと氷に張り付いてしまうので、スキー用などの厚手のものにしてください。
浜辺は足元が悪く、凍っている場合もあるので、歩きやすく滑りにくい靴で現地に向かうようにしてください。


Best Jewelry Ice Spots in Hokkaido

ジュエリーアイスを見られるのは豊頃町の大津海岸という場所です。
もちろん自由に見に行くことも可能ですが、場所や寒さに不慣れな場合はガイドツアーをおすすめします。ジュエリーアイスを見られるかは天候や気温に左右されるので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

Samurai Produce

ジュエリーアイス体験ツアーを早朝、日中、夜と行っています