わずか数時間で完成!あったかい雪の家作り

What is Snow Dome?

Snow Domeとは、圧接した雪を利用して作る一時的な住居でイグルーと呼ばれています。もともとカナダの寒い地方に住むイヌイットと言う民族が、狩りのためにつくった雪の家作り方に習ったものです。
作り方はとても簡単で、圧接した雪をレンガのように切り出し、らせん状に組み合わせていきます。ドーム状に積み上げていき、屋根は半球状につくります。簡易的な構造ですがとても頑丈で、中で食事を楽しんだり、なかには一晩宿泊したりすることもできます。
大きさは人ひとり入れる小さなものから、2~3人が入れるような大きなものまでさまざまです。雪で作られているので、中は寒いのではないかと思うかもしれないですが、冷たい風が遮られ、火を灯すとほんわり暖かく感じる不思議な空間です。


Best Snow Dome Spots in Hokkaido

Snow Domeは雪のコンディションがよくないと作ることができません。寒く冷え込み、雪が高く積まれるほど圧雪している場所でなくては雪をブロック状に切り出せないのです。
また、寒すぎると雪が粉状になって固まりにくく、作るのが難しいです。そのため、Snow Domeは体験できる場所が限られますが、冬の北海道ならではの体験なので、ぜひチャレンジしてみてください。

Niseko Outdoor Center

Snow Dome作りは1月ごろから3月ごろまで。約2.5時間で、人が1~2人入れる小さめのものを作ります。

Best Ice Dome Spots in Hokkaido

Ice Domeは、雪ではなく氷を積み上げてつくる家です。