初心者でも簡単に楽しめる!氷の上でわかさぎ釣り

ノースリバーアドベンチャーズ
「かなやま湖」でのワカサギ釣りが楽しめる

富良野

Photo Credit: ノースリバーアドベンチャーズ

北海道宝島旅行社
「茨戸川」でのワカサギ釣り体験

札幌

Photo Credit: 北海道宝島旅行社

レジャーガイド遊び屋
短時間でもワカサギ釣りをしてみたい人におすすめ

富良野

Photo Credit: レジャーガイド遊び屋

previous arrow
next arrow

1
2
3
Slider

What is Ice Fishing?

凍った湖の表面に手回し式のドリルで穴をあけ、その穴に釣り糸を垂らして氷の下を泳いでいるワカサギを釣る冬のアクティビティです。湖に厚い氷が張る12月から3月ごろまでがワカサギ釣りのシーズンです。
ワカサギは、成魚でも15センチほどの小さな魚です。ワカサギは群れで行動することが多いので、ワカサギが多く泳いでいるポイントに当たれば、初心者でも簡単にたくさんのワカサギを釣ることができます。また、通常の釣りに比べて竿も小ぶりのものを使い、特別なテクニックも必要ないので、子どもからお年寄りまで楽しむことができます。
釣ったワカサギは、その場で天ぷらやから揚げにして食べるのがおすすめです。ワカサギは小さく、骨も気にならないので頭からしっぽまで食べられます。

BEST SEASON

12月下旬から3月中旬

What to Prepare?

ワカサギ釣りの竿やしかけ、アイスドリルなどの道具などは、現地で貸してくれる施設がほとんどです。
体を動かすことが少なく、ワカサギが釣れるまでじっと待つ時間が長くなる場合があるので、体が冷やさないよう防寒対策をしっかり行うことが大事です。手袋、マフラー、帽子などは必須です。手袋は、エサをつけたり細かい作業をしやすいよう、指先を出すことができる手袋がおすすめです。
また、氷の上で釣りをするので、足元がとても冷えます。滑りにくく温かい防寒靴があると安心です。ドラッグストアやコンビニなどで売られているカイロもあるとさらに安心です。 施設によってはテントや暖房付きのプランもあるので、寒さに慣れていない人は施設に問い合わせてみてください。
ワカサギ釣りをしていると、ドリルで開けた穴をのぞき込むときに、持ち物を湖に落としてしまうことがあります。携帯電話や貴重品などは、ポケットに入れないようにしてください。また、アクセサリーも極力つけないようにしましょう。


北海道宝島旅行社

札幌中心部から30分ほどのところにある「茨戸川」でのワカサギ釣り体験ができます。JR札幌駅からの往復送迎もあるので、アクセス抜群です。
防寒用の靴やオーバーズボンの貸し出しもしてくれるので、当日は手ぶらでもOK。専用の着替え場所や水洗トイレもあり、女性でも安心です。釣り方はワカサギ釣りを熟知したインストラクターが、テントを回って指導してくれます。


READ MORE


Best Ice Fishing Spots in Hokkaido

北海道の人気ワカサギ釣りスポットは、「札幌近郊」「富良野かなやま湖」「十勝糠平湖」などが有名です。初心者には、管理人やインストラクターがいて、駐車場やトイレなども完備されている「管理釣り場」をおすすめします。観光客でも手ぶらで楽しめるプランがあり、釣りの仕方やワカサギの食べ方までをインストラクターがレクチャーしてくれます。道内でおすすめのワカサギ釣りスポットをご紹介します。

ノースリバーアドベンチャーズ

「かなやま湖」でのワカサギ釣りが楽しめる

レジャーガイド遊び屋

短時間でもワカサギ釣りをしてみたい人におすすめ

北海道宝島旅行社

「茨戸川」でのワカサギ釣り体験