スノーシューを履いて、真っ白な雪原に自分たちの足跡を残す!

ニセコアドベンチャーセンター
スノーシューを履いて雪山トレッキング

ニセコ

Photo Credit: ニセコアドベンチャーセンター

タウシュベツ川橋梁
糠平湖に姿を現す幻の橋を観賞

上士幌

Photo Credit: タウシュベツ川橋梁

阿寒湖早朝散策ツアー
阿寒湖にのぼる朝陽を楽しむ早朝ツアー

阿寒湖

Photo Credit: 阿寒湖早朝散策ツアー

previous arrow
next arrow

1
2
3
Slider

スノーシューとは

雪が降り積もった北海道の自然を満喫できる、スノーシュートレッキング。運動があまり得意ではない人も気軽に楽しめる冬のアクティビティとしておすすめです。
北海道の雪はふかふかで、降り積もった雪の上を普通の靴で歩くと沈んでしまい、歩けなくなってしまいます。スノーシューを履くことで、靴底の面積が大きくなり沈まずにスイスイと歩けるようになります。また、底についた滑り止めで氷上でも歩きやすくしてくれます。


WHY HOKKAIDO

大雪原の中に自分たちだけの足跡

北海道は積雪量が多く、雪が降り積もると辺り一面新しい雪で覆われ、誰一人足を踏み入れていないまっさらな雪原が広がります。その中をスノーシューで歩いていくと、真っ白な雪のキャンバスに、自分たちが通ったスノーシューの足跡だけが残る特別な瞬間を体験することができます。

霧氷

森の中を歩くと、樹木に空気中の水蒸気が凍った状態で付着している霧氷を見ることができます。気温が氷点下の場所でしか発生しない、北海道ならではの景色の一つです。
その中でも特におすすめなのが、阿寒湖で見られるフロストフラワー。
限られた場所で限られた時間にしか見ることができない自然現象です。薄氷の上に水蒸気が凍った結晶が付き、まるで花のように見えることから「冬にしか咲かない花」と呼ばれています。

BEST Snowshoes Trekking Spots in HOKKAIDO

ニセコアドベンチャーセンター

スノーシューを履いて雪山トレッキング

タウシュベツ川橋梁

糠平湖に姿を現す幻の橋を観賞

阿寒湖早朝散策ツアー

阿寒湖にのぼる朝陽を楽しむ早朝ツアー